ochugen_head.jpg

2020年の百貨店のお中元は、各百貨店のオンラインショッピングサイトで。
5月初旬〜中旬スタート!

各百貨店のお中元2020

当サイトから各百貨店のお中元の注文ができます。
お中元は、百貨店のオンラインショッピングサイトを利用するのがオトク。ご注文はお早めに。百貨店のクレジットカードをお持ちなら、決済はそのカードでするのがたいへんオトクです。
大丸松坂屋のお中元を見てみる 8月6日(火)まで
伊勢丹のお中元を見てみる 8月17日(土)午前10時まで
三越のお中元を見てみる 8月17日(土)午前10時まで
高島屋のお中元を見てみる 8月7日(水)午前10時まで
京王百貨店のお中元を見てみる 7月28日(日)まで
西武百貨店のお中元を見てみる 8月4日(日)午後11時59分まで
東武百貨店のお中元を見てみる 7月23日(火)午後2時まで
阪急百貨店のお中元を見てみる 7月31日(水)まで
小田急百貨店のお中元を見てみる 8月22日(火)まで
東急百貨店のお中元を見てみる 7月31日(水)午後5時まで
近鉄百貨店のお中元を見てみる  8月4日(日)午後6時まで
郵便局のお中元を見てみる 8月13日(木)まで
お中元バナー

百貨店のお中元・サマーギフト2020

今年もお中元の季節がやってきます。
お世話になった形に毎年なにを贈るか悩ましいですよね。去年とまったく同じものを贈るのもなんとなくいけないような気がしたり。
最近ではデパートへ出かけて行って注文するよりも、おうちのパソコンやスマホでデパートのオンラインショッピングサイトを開き、そのまま注文を済ませてしまうかたのほうが多くなってきました。
お中元バナー

パソコンで宛名や自分の住所などをコピペしながら記入するほうが、手書きに比べて間違いも少ないのです。
それにオンラインショッピングサイトなら様々な特典もありますし、お店にはない値引きもありますから、賢い選択ということができます。
どちらにしても礼を尽くすには品物とは別にはがきや手紙で挨拶をしておきましょう。
親しい方なら、メールで済ますのもありです。
お中元バナー
まず、お中元の基本的なことをおさらいしておくと、お中元の時期は「中元」すなわち7月初め~7月15日くらい。地方によっても少し違って、それよりひと月遅れの8月に贈るところもあります。関西では7月~8月15日くらい。
お中元はその一年の上半期の区切りのご挨拶です。由来は中国の星祭り。上元(1月)、中元(7月)、下元(10月)の15日の潔斎の儀式が元で、その中でお中元だけが残ったといわれます。15日という日程は締め切り日と変化して残ったようですね。
またいまは忘れられた節句に「田の実の節句」がありました。これは旧暦の8月1日。
江戸時代には農家の人々が早稲のお米を器に持って贈り合ったそうです。その起源となったのが室町時代の京のお公家さんたちの「憑の節句」といわれます。ものを贈り合う風習はずいぶん前からあったわけです。

さてそのお中元、早いに越したことはありません。先様の解釈によっては単に忘れていて遅れて贈ったように思われますもの。
大手百貨店の通販のお中元受付は毎年5月中旬から始まります。
楽天やヤフーなどの大手通販サイトを利用するより、百貨店の通販を利用するほうが失敗も少ないうえ、先様にワンランク上級な印象を与えます。
遅いお中元を贈るなら、のしをつけて、8月なら「暑中御見舞」「暑中御伺」9月なら「残暑御見舞」とすると筋が通ります。

お中元バナー
お中元の品物選びで基準にすべきことはいろいろあります。
自分の贈りたいものを選ぶのではなく、相手の家族構成に合わせて内容量や保存できる期限を考えます。
どちらにしろ生鮮食品など保存期間があまり短いものは避けましょう。
定番のお中元の品物といえば、ハム、そうめん、アイスクリーム、果物、和菓子、洋菓子、缶詰、瓶詰、ビール、ジュース、コーヒー、紅茶、洗剤、タオル、調味料・食用油、カタログギフトなどですね。
どちらかというと定番のものからあえて外して個性を出すよりは、定番のものの一段プレミアムな商品を選ぶのがいいかもしれません。
お中元バナー
(近鉄百貨店のお中元より)

毎年同じものを贈ることにすれば楽ですね。そうすれば相手も届いたお中元の品物を見ただけで、あるいはデパートの包みを見ただけで、あなたからのお中元だとパッとわかります。
それから、お中元を贈ったリストは必ず家計簿などに贈った相手、贈ったもの、値段、利用した百貨店などをメモしておきましょう。一年経つとすっかり忘れてしまうもので(もらったほうでも忘れてしまいますが)次の年にたいへん困ることになります。
チェックすべきことをもうひとつ。
相手のお仕事に競合する会社の品物を贈らないように。
ここをうっかりすると後が気まずいですよ。

2019年の京王百貨店のお中元7月28日までの受付です。


京王百貨店のお中元といえば京王グッドセレクト
注文は京王ネットショッピングを利用するのが便利でオトクです。
京王のバイヤーが選んだ旬のアイテムから毎年定番となるアイテムまで、京王の厳選スペシャルギフトのセットが揃います。
京王百貨店のお中元
アイスクリーム・ゼリー・果物などのスイーツ洋菓子和菓子、お肉、お魚、ハムソーセージ、そうめんなどの夏のグルメ、ビール、コーヒー、お茶、ジュースなどのドリンク。
有名ブランド2社がコラボした「味なコラボレーション」シリーズもあります。
もらってえらべるギフト、カタログオーダーギフトもありますので、商品のチョイスは先様に任せてしまうこともできます。


もし、あなたが京王クレジットカード京王パスポートカードをお持ちなら、お中元は700アイテムの京王推奨ギフトの中から選びましょう。
10%割引に加えて送料無料となりますので、たいへんオトクです。

京王のお中元バナー
》 》 京王のお中元を見てみる

5月20日受付スタート。

一年経つとすっかり前の年のことを忘れる年齢になりました。わたしもです。
お中元っていうと初夏のころに贈れば良いというのはインプットされていますが、正確な時期がパッと頭に浮かびません。
お中元の時期はいつからいつまでか?

5月の連休明けから毎年大手百貨店のお中元の受付が始まります。

お中元商戦」などといって新聞やテレビでもニュースになりますね。

2019年のお中元の受付開始日を見てみると、

高島屋...5月13日からネットでの受け付けスタート。
大丸...5月9日からネットでの受け付けスタート。
松坂屋...5月9日からネットでの受け付けスタート。
近鉄百貨店...5月9日からネットでの受け付けスタート。
三越...5月15日からネットでの受け付けスタート。
東武百貨店...5月15日からネットでの受け付けスタート。
西武百貨店...5月19日からネットでの受け付けスタート。
京王百貨店...5月20日からネットでの受け付けスタート。
東急百貨店...5月20日からネットでの受け付けスタート。
伊勢丹...5月22日からネットでの受け付けスタート。

早いうちにネットで注文を済ませてしまうとラクなうえにオトクです。
早期割引もありますので。

売り場のほうは少し遅れて5月下旬〜6月初旬のスタートになる百貨店が多いです。


そして締め切りは8月の半ば。
関東と関西では感覚が少し違います。
東北や東海、九州でも少しずつ異なります。
決済の方法によってもしめきりは違いますので、公式サイトでお確かめください。


2019年のお中元の受付締め切り日は、

東武百貨店...7月23日までの受け付け。
近鉄百貨店...8月4日までの受け付け。
大丸...8月6日までの受け付け。
松坂屋...8月6日までの受け付け。
高島屋...8月7日までの受け付け。
三越...8月17日までの受け付け。
伊勢丹...8月17日までの受け付け
西武百貨店...8月4日までの受け付け。
京王百貨店...7月28日までの受け付け。
東急百貨店...7月31日までの受け付け。
となっています。

曜日とのかねあいもありますが、ここ数年でしめきりは少し前倒しになってきている印象です。


気が早く確定申告の話になりますが、
お中元を贈った側の勘定科目は、「交際費」です。その際の送料も交際費に入ります。
贈ったときにしっかり帳簿につけておけば、後で困りませんね。

高島屋のお中元を注文するなら、高島屋のオンラインショッピングサイトを利用しましょう。
お中元イメージ
高島屋のネットショップはお中元は、全国どこでも送料無料です。
他の百貨店では一部送料無料というところが多いのに対して、高島屋なら送料と見比べて品物選びをしなくてもよいので助かりますね。
品物を決めてから「あっ送料がけっこう高かった・・・。」というがっかりはよくありますから。
高島屋のお中元の早期割引もお見逃しなく。
それから、高島屋のクレジットカード「タカシマヤカード」をお持ちなら決済に使いましょう。8%のポイントがつきますので忘れずに。
高島屋のお中元

他の百貨店同様、締切日は決済の方法によって異なります。
クレジットカード決済なら8月8日午前10:00まで
コンビニ・ネット銀行・ペイジー決済なら、8月3日18:00まで
関西のお中元の習慣を鑑みて遅めの締め切りとなっています。
(しめきり日は変わることがありますので、公式サイトで御確かめください。)


お中元も高島屋のあのバラの包装で届くとちょっと高級感があります。
中身を見る前に相手に与える印象がプラスアルファですね。

もちろん中身も充実しています。
高島屋の看板を背負う凄腕バイヤーがそろっていますから、品物選びの目は確かなもの。
カテゴリ分けにもなかなかオリジナリティーがあり、まず特筆すべきは「47都道府県ご当地ギフト」。
相手のお里のものをチョイスすれば、「さすが私のことをよくわかっておる!!」と感心されることうけあい。
「あの方にこその贈り物」「バイヤーこだわりの贈り物」のページも必見です。

このページの上部へ