お中元ののしは、基本的には紅白の蝶結び。
表書きは「お中元」「御中元」ですが、地方によっては「盆供」あるいは「盆礼」とするところもありますので、従ってください。
また、7月半ばを過ぎると「暑中御伺」「暑中お見舞い」
立秋を過ぎれば「残暑御伺」「残暑お見舞い」
と変えていくのがスマートです。

のしの上から包装せずに、外のしにするのが望ましいです。特に持参する場合。
表書きはまず相手にお中元ですということを伝える大事な役目があるのです。

(ただし、宅配便などの場合は外のしだと汚れる恐れもありますし、仰々しいので内のしにすることが多くなっています)