お中元やお歳暮のようにあらたまった贈り物を選ぶのは、昔なら百貨店で、と相場が決まっていましたが、近年はそうではありません。

西友・ダイエー・サミット・ライフ・リブレ・成城石井・いかり・フジ・イオン・マルミヤ・タカヤナギなどなどスーパーマーケットでもお中元は扱いますし、通販ショップが充実している会社もたくさんあります。コンビニエンスストアだって大々的にお中元商戦に参戦しています。もちろん楽天やアマゾンなどの大手通販モールも同様。

というわけであなたがお品物のチョイスに自信があるならば、お中元はどの通販サイトを利用してもいいのです。

もちろん品揃えにも、梱包や発送にも、トラブルの対応にも、送料にも差があります。


百貨店のお中元ならブランド力が効く


百貨店のお中元を利用すれば、先様が感じるメリットはたくさんあります。

まず、荷物が届いた瞬間の印象が違います。

高島屋ならお中元の包装はあの白地に赤いバラの包装紙。ずっと変わらない包装紙です。薔薇のリースのものがいまは多いでしょうか。
百貨店のお中元だとひと目でわかります。

高島屋,薔薇

他の百貨店でも同様です。包装紙を見た瞬間にロゴを見る間でもなくどこの百貨店のものが認識できるでしょう。
西武百貨店ならあの緑と青の水玉みたいなの。

さらに「のし」をかける場合も百貨店ならちゃんとロゴの入ったのしを使います。

年配の方にとっては、「お中元といえば百貨店がフツウ」という暗黙の最低ラインがあることが多いです。
これはいかんともしがたいラインです。
楽天だと「なんだこのよくわからないところのギフトは?」というような印象でしょうか。
マイナスにはなりえてもプラスにはなりません。


「中身が良ければそれでいいんじゃない?」


と思うかもしれませんが、贈られる年配の方の頭の中はそうではありません。
無意識に包装を見てブランド感を確かめ、安心感を得るのです。

百貨店はいいものだけを扱って、決して安売りはしないというイメージがあります。
(実際は必ずしもそうではありませんが)
その百貨店品質の安心感がお中元やお歳暮では大きくプラスに働くのです。

これが百貨店のお中元のチカラです。

百貨店のお中元は、お中元を贈る側が選ぶ無難な選択肢となるわけです。


どの百貨店のオンラインショッピングサイトを選ぶか


さて、百貨店のお中元をネットで注文する場合、どの百貨店を選ぶかということですが、
ごひいきの百貨店があるなら、その百貨店のオンラインショッピングサイトを利用するのがいいでしょう。
実店舗より優待があったり、割引があったりすることもあります。ネットなら送料が無料になることもあります。
もちろん包装やのしも店舗で注文するのと同じです。
もしその百貨店のクレジットカードをお持ちなら、必ず決済に使ってください。大きくポイントが溜まるはずです。

また、どの百貨店でもいいから値段の安くなる百貨店はないか?
と、お探しでしたら、まず、大丸松坂屋のショッピングサイトのお中元特集を開いてみるといいでしょう。
誰でも15%または10%オフの優待割引のアイテムが900点も用意されていますので、たいていのギフトはその中から選ぶことができるはずです。
大丸松坂屋のショッピングサイトのお中元
全国送料無料ですので、件数が多くても安心ですね。←送料がかかるようになりました。注文前にお確かめください。
》 》 大丸松坂屋のお中元を見てみる


高島屋は本年も全国送料無料です。早速チェックしてみましょう。
》 》 高島屋のお中元を見てみる